top of page

ライブ配信がつらくなってしまった時に出来るメンタルケアとは?

トレンドの変化が激しくスピードが速いライブ配信業界で、メンタルが安定しないといった悩みを持つライバーさんも多いのではないでしょうか。

そこで、今回はライブ配信によってメンタルが病んでしまう原因とその対策方法をまとめてみました!


①他ライバーと比べてしまう

ライバーの世界では常に競争が激しく、イベントや人気のランキングが重要になってきます。

その競争から劣等感や嫉妬を感じたり、また自分の成績が可視化できることが多いため自己肯定感が揺らぐこともあります。

対策⏩ ライバー同士の付き合いをやめる、視聴者とのコミュニケーションを重要視する、など



②誹謗中傷や迷惑行為

自身の顔がネット上に公開されることで、ファンとのトラブルが発生する可能性もあります。

またアンチファンに不快なコメントを書かれたり、熱狂的なファンに個人情報の特定やストーカーなどの迷惑行為によって配信者の精神的負担を助長しているとも見られています。

対策⏩証拠を残し事務所や運営会社に報告する、アンチのアカウントをブロックする、など



③事務所のノルマや規則

ライバー事務所には特定のルールやノルマが設定されています。例えば毎日の配信時間や週間の配信時間などが含まれます。しかし、これらのノルマは単純に配信を楽しみたいというライバーにとってはストレス要因になることがあります。

対策⏩自分に合った事務所を選び直してみる、事務所と相談する、事務所から離れフリーになる



④視聴者との関係

視聴者が減る、離れる、来ないなどといった事もメンタルを弱くさせてしまう原因にもなっていると思われます。

対策⏩視聴者は流動的だと認識する、これから出会う視聴者に意識を向ける、アプローチの方法を変えてみる



⑤不安定な収益

ライブ配信の主な収益は視聴者によるギフトになっています。そのため視聴者が流動的なライブ配信業界では安定的な収益を得られるのは厳しくなっています

対策⏩不安定なものだと割り切る、時には辛いものだと思う、収入保証のある事務所などに移動する、本業か副業かを今一度考えてみる



Comments


bottom of page